Case Study
Jam CityはironSourceのAd Qualityにより、競合他社広告のブロックを解除しCPMを20%上昇
SubscribeSubscribe

Jam Cityは、カリフォルニア州に本拠地をおく、数々の受賞歴があるモバイルエンターテインメント企業です。2010年の創設以来、25億ドルを超える収益を出したCookie Jamや、現在までに1億2000万回以上もダウンロードされているPanda Popなど、多くのヒットゲームを開発してきた実績があります。

この記事では、Jam Cityの広告ビジネス運営アナリストであるTony Yin氏が、ironSourceのAd Qualityにより、収益を犠牲にすることなく競合他社広告の配信ブロックを解除した方法を紹介します。

プライバシーの新時代

業界における新たなプライバシー関連の規制により、広告主が単価と予算に対してより慎重になり、当社の広告収益が減少することを懸念していました。こうした潜在的な広告収益減少のリスクに対して、競合アプリ広告のブロック解除を検討しました。

当然のことながら、競合他社のアプリ広告ブロックを解除することで、ユーザーが競合他社のアプリに流出し、リテンションに悪影響が出ることを警戒しました。つまり、ブロック解除による広告収益増加が、競合タイトルへのユーザー流出による収益減少を補完できるかどうかを、検証することができるプラットフォームが必要としていました。

収益およびCPMとユーザー離脱の比較

まず、Genies & Gemsと、Vineyard Valley、そしてPanda Popという3つの自社ゲームで、競合となるマッチ3ゲームのブロックを解除するテストを行いました。ユーザー離脱と収益、そして他のいくつかのデータを計測するためにironSourceのAd Qualityを利用しました。このツールの高度なデータフィルタリング機能を通じてAd Qualityが提供する重要指標と私たちの内部データをマッチングさせ、粒度の細かい収益とチャーン、そしてCPMの変化をモニタリングすることができました。また、Ad Qualityの高度なデータ機能は、どの広告主とクリエイティブがより高いグロースに繋がっているのかを可視化してくれました。

一部ゲーム広告はブロックを継続

Ad Qualityを当社のゲームに導入したことによって、データに完全な透明性がもたらされ、きめ細かくパフォーマンスをモニタリングすることができるようになりました。また、ブロック解除した広告が十分な収益を生み出しているかという点について、ironSourceのチームは価値あるインサイトと分析結果を提供してくれました結論として、競合タイトルの広告ブロックを解除しても、Ad Qualityを利用してパフォーマンスの追跡と分析を行っている限り、リスクにはならないということが理解できました。

「ironSourceチームによるサポートのおかげで、どの競合タイトルの広告ブロックを解除すれば、妥当なチャーンレートを維持しつつ、CPMの向上が図れるかを判断することができ、全体での収益増加を実現することができました。」

-JamCity、広告ビジネス運営アナリスト、Tony Yin氏

ンが観察されました。最終的にチャーンレートは安定し、CPMが20%上昇しました。リテンションには影響が見られなかったので、競合他社をブロックしない状態を継続する判断をしました。

しかし、Panda PopとVineyard Valleyでは正反対の効果が観察されました。ユーザー離脱を補完できるほどCPMの向上が見られなかったため、Panda PopとVineyard Valleyでは競合タイトルの広告を再びブロックしました。とは言え、今後も継続して、これらのタイトルを含む当社アプリ全体で再度テストを行っていくつもりです。

結論として、ironSourceのプラットフォームとチームはとても親しみやすく、効率的かつ安心して競合タイトルの広告ブロック解除をテストすることができ、Jam Cityにとって新たな収益源を得ることができました。

+20%

CPM

Let's put these tips to good use

Grow your app business with ironSource