test referrerNULL

グロースの分析と最適化

いますぐはじめるいますぐはじめる

アプリアナリティクス

グロースアナリティクス

アドクオリティ

クリエイティブアナリティクス

アプリアナリティクス

アプリビジネスの全体像を
一目で把握

DAUからセッション、そしてリテンションまで、アプリのパフォーマンスにおける全体像を把握するために必要なすべての指標へ容易にアクセスが可能です。すべての重要なKPIが集約されているため、かつてないほど容易にパフォーマンスの最適化ができ、アプリを収益性の高いビジネスへと変えることができます。

グロースアナリティクス

先進的なレポートとアナリティクスでアプリのグロースを最適化

広告収益のポテンシャルを最大限発揮できているか理解しましょう。 エンゲージメントレートや、ユーセッジレート、そして1日あたりのエンゲージユーザー数などの独自指標の可視化から、コホートレポートに至るまで幅広いデータを提供しています。これらのデータを活用することで、マネタイズにおけるポテンシャルが最大限に発揮できているか把握することができるだけでなく、収益化向上のためのユーザーエンゲージメント最適化施策を効率的に実施することができます。

アドクオリティ

アプリ内に提供される
広告コンテンツを管理

Soomlaのアドクオリティツールを利用し、アプリ内に配信されている広告コンテンツを可視化することができます。収益化に役立っているコンテンツやユーザーの離脱に繋がるコンテンツの特定や、アプリの低レビューを招く不適切なコンテンツをブロックすることができ、ユーザー体験を保護し、各アドネットワークのコンプライアンス遵守を徹底させることができます。

Soomlaについて詳細はこちらSoomlaについて詳細はこちら

クリエイティブアナリティクス

クリエイティブの洗練と
パフォーマンス最適化

プレイアブル広告におけるプレイ完了率や、タイムトゥエンゲージ、そして離脱などの指標でを活用し、従来のインプレッションやCTRと比べ、ユーザーのクリエイティブへの反応をより細かく分析することができます。Luna Labsは、深いレベルでのクリエイティブパフォーマンスの把握に必要な、あらゆるインサイトを提供しているため、キャンペーンの規模にかかわらず容易かつ的確なパフォーマンス最適化を実現します。

Luna Labsについて詳細はこちらLuna Labsについて詳細はこちら

Homa Games、共同創業者、Vincent Hart de Keating氏

「ironSourceのきめ細かなコホートレポートは他社プラットフォームを大きく引き離しています。 」
ケーススタディの詳細ケーススタディの詳細

Neon Play、CEO、Oli Christie氏

「メディエーションパートナーの模索は難航しました。しかし、答えは非常にシンプルでした。レポーティングが他社と比べ圧倒的に優れていたため、当社はironSourceメディエーションを導入しました。」
ケーススタディの詳細ケーススタディの詳細

Jam City、ユーザー獲得アソシエイトディレクター、Sarah Yamanouchi氏

「ironSourceの管理画面のUIやレポートは非常に見やすく、透明性が高いです。」
ケーススタディの詳細ケーススタディの詳細

My Town Games、共同創業者、Mark Tulchinski氏

「当社は、シームレスなユーザー体験はもちろん、信頼性や透明性の高いレポート機能を重視しています。ironSourceメディエーションはまさにこれら全てを兼ね備えています。」
ケーススタディの詳細ケーススタディの詳細

Random Logic Games、代表、Andrew Stone氏

「ironSourceのユーザーアクティビティレポートは、戦略や検証の分析に欠かすことができません。」
ケーススタディの詳細ケーススタディの詳細

Mammoth Media、CEOおよび創業者、Benoit Vatere氏

「プラットフォームのインターフェースは非常にユーザーフレンドリーで、なかでもレポート機能は粒度の細かいレベルでのパフォーマンス分析を容易にしてくれます。」
ケーススタディの詳細ケーススタディの詳細

データファーストなグロース戦略における専門家のインサイト

Blog

動画リワード広告の収益をレベルアップする方法

Read the post >>
eBook

ストアレビューを活用する10の方法

Read the post >>
Case Study

CalmはironSourceのプレイアブル広告でインストールを106%増加

Read the post >>
いますぐビジビリティを向上させる
ironSource is now public [NYSE: IS]
Learn more →