インプレッション
レベルレベニュー

Aマネタイズで運用する、あらゆる広告ユニットやアドネットワークで発生する広告収益をユーザー単位で正確に計測することができる業界初の機能です。

インプレッションレベルレベニュー機能を使うインプレッションレベルレベニュー機能を使う

インプレッションレベルレベニュー
とは?

いままでは、ユーザー単位の正確な収益はアプリ内課金のみ計測することができ、広告収益についてはユーザーひとりひとりではなくユーザー全体として計測する必要がありました。このため、正確なARPUの算出によるLTVモデルの構築も非常に困難で、広告出稿先の配信面ごとの単価最適化やマネタイズ戦略の最適化にも大きく影響を及ぼしていました。

ironSourceのインプレッションレベルレベニュー機能により、アドネットワーク・広告ユニット・ユーザーごとの正確な広告収益が計測できるようになり、従来の課題を解決し、広告出稿先の正確なROASを算出することができます。

ユーザーひとりひとりの真の収益性を明らかにすることにより、ユーザー獲得 とマネタイズの両側面にて、デベロッパーはまったく新しいインサイトを得ることができるでしょう。

インプレッションレベルレベニューの
メリット

マネタイズ動向における
インサイト

リテンションオプティマイザーは、グロースポテンシャル最大化にもとづき、配信面ごとの単価を自動最適化して、運用効率と費用対効果を最大化します。

最適なチャネルから最適なユーザーを獲得

どんな広告主でもironSourceでユーザー獲得を実施していれば、リテンションオプティマイザーを利用可能です。

ケーススタディ

「ironSourceのインプレッションレベルレベニューはユーザー獲得キャンペーンの運用および最適化を大きくエンハンスしてくれました。今までは、アプリ内広告のイベントデータを元にLTVを推定し、ユーザーごとの広告収益を算出していましたが、この方法は様々な欠点がありました。ironSourceのインプレッションレベルレベニューを使用することにより、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、より効果的に広告予算を配分し、広告収益においてもより正確な視点を持つことができました。これにより、あらゆる面にて事業を加速させることができました。」

Jeff Gurian, VP Marketing and Ad Monetization at Kongregate

「われわれはハイパーカジュアルゲームを開発しているため、スケールを非常に重要視しています。インプレッションレベルレベニュー機能は我々のマーケティングのあり方を大きく変えました。当社はironSourceのメディエーションを使用しているので、全てのユーザーひとりひとりの正確な収益を算出することができます。直近で新規タイトルにてこのソリューションをテストしましたが、獲得ユーザーのクオリティを向上させることにより、収益性を2倍近く向上させることができました。」

Jason Falcus, COO at Kwalee

詳しいはこちら >>

インプレッションレベルレベニューの
メディア掲載

ironSource Unveils New Tool to Measure Ad Revenue Sources

Read more >>

ironSource Launches Tool to Measure App Ad Revenue by User

Read more >>

IronSource Lets App Developers Measure Ad Marketing Channel effectiveness

Read more >>

計測ツールとの連携

Elad Mashiach, VP Partner Development at AppsFlyer

「AppsFlyerは2016年にアドレベニューアトリビューションをリリースしました。この度、新たにironSouceのこの機能と連携することにより、新たなデータのレイヤーが加わり、収益性に応じて実用的なインサイトを得られるようになることを大変嬉しくおもいます。獲得したユーザーごとの収益を理解することにより、キャンペーンの具体的なROIやROASを可視化することができ、マーケティングパフォーマンスの全体像をより明確にすることができるでしょう。」

James Benoit, Sr. Manager of Product Operations at Kochava

「我々の第一の目標は、クライアントの広告予算の最適化に必要な全体的な視野を提供することです。ユーザー単位でそれぞれの価値が分析できるironSourceのプラットフォームは、クライアントへベストなデータを提供する我々のアビリティをさらに向上させることになるでしょう。」

Paul H. Müller, Co-Founder and CTO at Adjust

「他社ソリューションと違い、Adjustはデータを単純に集約してデータのクオリティを下げるようなことはしません。ironSourceとの連携により、広告収益において業界で初めて正確なインサイトをマーケターへ提供することができました。」

Alon Nafta, VP Product at Singular

「これはパブリッシャーにとって非常に大きな勝利でしょう。我々はROIや収益において、より正確で細かなデータを提供するため努めていますが、この新たなデータによってSingularのクライアントは、広告収益においてより深いインサイトを得られることになるでしょう。」

インプレッションレベルレベニューの
利用方法

ironSource platform

ironSource管理画面にてインプレッションレベルレベニューへアクセス

計測ツール管理画面

AppsFlyer、Adjust、Singular、TenjinやKochavaの管理画面からインプレッションレベルレベニューを見ることができます。

API

API経由にて、インプレッションレベルレベニューデータを取得することができます。

今すぐインプレッションレベルレベニューを使う