Case Study
LudiaがironSourceメディエーションへ移行後、LevelPlayアプリ内ビディング機能で収益倍増

Ludiaは12年前にモントリオールで設立され、カナダを代表するモバイルゲーム会社の一つであります。 彼らのポートフォリオには「Jurassic World:The Game」、「Dragons: Rise of Berk」、「Teenage Mutant Ninja Turtles: Legends」のような人気IPに基づいたオリジナルゲームが含まれています。 LudiaのシニアマーケティングスペシャリストであるRose Agozzino氏を通じて、ironSourceのメディエーションフラットフォームを導入し、アプリ内課金型ゲームにて広告収益の最適化を実現した経験を聞いてみます。

課題

Ludiaはアプリ内課金をメインとするデベロッパーのため、広告収益に関しては最適化が不十分でした。 広告がもたらす収益増大の可能性は認識していましたが、組織規模の関係で多数のインスタンスを設定したウォーターフォールを最適化運用するリソースがありませんでした。そのため、広告収益を向上させつつも作業時間が節約できる、管理しやすいメディエーションプラットフォームを探していました。

ソリューション

メディエーションサービスを探すうえで、当社にとって短期的な収益性をもたらすことだけでなく、今後リリースしていくタイトルでもグロースをサポートしてもらえるような長期的なパートナーシップを組めるということが最も重要な条件でした。ironSourceのプラットフォームの使い勝手の良さとビディング機能について知るうちに、当社の短期的目標と長期的目標の両方を達成してくれるだろうと確信しました。

アプリ内ビディング
マネタイズプラットフォームをironSourceメディエーションへ移行した後の最優先課題は、自社ゲーム全体における広告収益のグロースでした。

そのため、ironSourceのアプリ内ビディング機能であるLevelPlayをテストしてみることにしました。 ironSourceチームと相談しながらA/Bテストを行い、LevelPlayが利益に与える影響を分析した結果(下図のように7月22日にテストを開始し、9月4日に終了)、ビディングとウォーターフォールを組み合わせることにしました。 このハイブリッドアプローチは、eCPMを向上させる同時に、多くの運用作業を自動化することができ、言い換えれば、業務効率化しつつ収益性向上を達成しました。

当社のゲーム「Dragons: Rise of Berk」(Android)はこの収益増加の好例です。以下の図に示すように、広告収益のARPDAUは7月から9月の間に87%も急増しました。

ironSourceのメディエーションプラットフォームとビディング機能を活用したこの成功事例をもとに、「Jurassic World」や「Teenage Mutant Ninja Turtles Legends」など他のゲームも順次ironSourceメディエーションへ移行させました。その結果、「Jurassic World」は100%の広告収益増、「The Game - Ninja Tattle」は広告収益10倍(主に動画リワード広告)を達成しました。

ironSourceを通じてあらゆるネットワークを集約し、いつでも最適なネットワークし広告配信を行ってくれるので、いままで取りこぼしていた収益を確実に得ることができるようになりました。 実は、ironSourceのメディエーションに切り替えて以来、収益総額は2倍も増加しました。

A/Bテスト
当社はこれまでの成長を維持し続け、ironSourceのメディエーションで利用できる他のツールも試してみたいです。 特に、我々はA/Bテストツールの使用範囲を拡大することができて嬉しく思っています—弊社のような アプリ内課金を重視するデベロッパーは、広告によって課金収益への影響が大きな懸念事項となっています。この課題を解決するには、ゲームの中で最適な広告配置を探すことです。

より多くのタイトルをironSourceプラットフォームに移行するあたり、ユーザーの動向に基づくセグメント分けや、広告配置ごとの表示回数上限などについてA/Bテストを実施する予定です。最終的には、ユーザー体験を改善させ、広告と課金の収益における最良のバランスを見出すことが目的です。

ironSourceチームについて

導入から設定まで全ての過程の中で、ironSourceチームから手厚いサポートを受けることができ、非常にスムーズなオンボーディング体験でした。インターフェースは使いやすく、チームも本当に素晴らしかったです。

Let's put these tips to good use

Grow your app business with ironSource