Blog
アプリ内ビディングがiOSのプライバシーポリシーの変更に対して最善の収益化戦略である3つの理由

iOS14によるプライバシー周りの規定変更に伴い、App Tracking Transparencyフレームワークはユーザーデータの保護し、トラッキング機能を制限する方向へ完全に移行する事になります。現在、使用しているiOSデバイス上で広告トラッキングの制限設定をしているユーザーは約40%しかいませんが、このiOSにおけるプライバシー関連の規定が発効すれば、約80%のユーザーがトラッキングの制限を始めると予想されています

このような大きな変更によって、iOSアプリの収益化を行っているデベロッパーへどのような影響を及ぼすのでしょうか?良いニュースとして、アプリ内ビディングを利用することで、引き続き粒度の細かいデータへアクセスでき、収益性の最大化と作業時間の節約を実現できます。このようなメリットのため、実にironSourceメディエーションを利用しているパブリッシャーの95%がiOSアプリにおいてアプリ内ビディングを活用しています。それでは、iOSのプライバシー関連の規定変更後に、あらゆる規模の開発者たちが収益化をする上で、アプリ内ビディングが最善の方法である最も大きな3つの理由を見ていきましょう。

1. 変動するeCPMの中での収益最大化

デベロッパーが、この新たな環境における最善の戦略を模索する中で、短期的にはeCPMが不安定化する事が予想されます。広告のパーソナライゼーションが大きく制限されるので、関連性の高いユーザーへのリーチや質の高いユーザーの獲得が更に困難になります。この事はCTRとLTVに影響を及ぼし、CPMを減少させます。こういった見通しの利かない環境では、広告主たちは広告費を調整するので、eCPMが変動する事になるでしょう。

プライバシー関連の変更が適用されても、各アドネットワークがインプレッションごとにオークションで競り合うアプリ内ビディングを利用することで、インプレッションごとの収益性を最大化し、確実に収益化戦略の最適化運用を継続することができるでしょう。アプリ内ビディングがもたらす競争環境により、パフォーマンスの一貫性と安定性を維持しながら収益を最大化し、実質的にeCPMのボラティリティの影響を抑えることができます。

2. 広告収益の最適化運用にかかる時間を削減し、他の重要部分へリソースを分配

iOSにおけるプライバシー関連の変更は、マネタイズやユーザー獲得において、全く新しいフレームワークを要します。コンバージョンバリューやキャンペーン数上限などの新たな仕組みについて、一定の学習期間が必要になってくるでしょう。

アプリ内ビディングはマネタイズにおける最適化運用を自動化してくれるため、このようなiOSにおける重要な変更点の検証・実証等の学習に注力することができるでしょう。

アプリ内ビディングは、インプレッション ごとに最も収益性の高い広告を配信することができるので、従来のようにウォーターフォールを毎日細かく分析して最適化する作業が不要となり、その分ユーザー獲得などのグロース戦略にフォーカスすることができるようになります。たとえば、iOSの様々な変更に対して、KPI改善のために新たな広告枠の導入や新たな国への展開などについて、A/Bテストを実施してみると良いでしょう。

3. 正確なデータに基づいた継続的な収益化の最適化

iOS14のプライバシー関連の変更は、ユーザーデータが「ブラックボックス」に隠されている世界を作り出すことになり、広告主がユーザーをトラッキングしたりユーザーの価値を予測したりする事が困難になります。ユーザーのデータに制限がかかるという事は、今まで利用できていたような粒度の細かいユーザーレベルのデータではなく、セッション深度やOSなどのコンテキストデータに頼らなければならない事を意味しています。

このiOSのプライバシーポリシーの新たな枠組みはユーザー識別子を著しく制限する事になりますが、アプリ内ビディングを利用すれば収益化に関する透明性の高い情報を入手し、パフォーマンスを最適化する事ができます。ユーザーのトラッキングが制限されたとしても、リアルタイムの入札に基づいた正確なインプレッションレベルのデータを利用してパフォーマンスを分析すれば、収益化に関して粒度の細かいインサイトを得て、データを中心にしたアプローチを維持する事ができます。ビディングは、ユーザーのセッション内データから入札価格の予測を実現し、インプレッションごとの収益性を確実に最大化することでマネタイズ戦略が最適化されている状態を維持します。

勢いの維持とアプリビジネスのグロース

iOS14のプライバシー関連の変更はモバイル広告業界に大きな混乱を引き起こす事が予想されますが、必ずしもアプリビジネスにおいてネガティブなインパクトがあるとは言えません。アプリ内ビディングは、こういった見通しが利かない時期であっても収益の最大化と安定性の維持をサポートし、価値あるパフォーマンスデータへのアクセスを提供します。

 

ironSourceのiOS14ツールキットを使ってiOSアプリの収益化を始めましょう

Let's put these tips to good use

Grow your app business with ironSource